FC2ブログ

2014-01

山田暢久引退

浦和戦力外山田暢が引退 スタッフ入りへ

山田暢が引退発表 スタッフとして浦和残留、将来は指導者に

これからどうするのか気になっていたのですが、引退を決意したようです。将来は指導者を目指すようで、ヤマが監督としてどのような能力を発揮するのか、興味がありますね。ただ、S級をとるのも大変そうだし、S級をとってもなかなか監督のポジションに空きがないようですから、Jリーグの監督になれるかどうかわかりませんが、高校の監督になって選手権に出てきたりしても面白いなと思います。

そのまえに、1度、浦和のゲームの解説とか聞いてみたいですね。

生涯浦和で終わることに嬉しさがある反面、他のチームでどこまでできるのか、できれば、対戦チームとして戦ってみたい気持ちもありましたが、叶いませんでした。

こうなってくると、気になるのは引退試合について。引退試合は誰でもできるわけじゃなくて、Jリーグ規約で規定されています。

第72条〔引退試合〕
引退試合は、公式試合および天皇杯全日本サッカー選手権大会において通算500試合以上の出場実績を達成した選手、またはJリーグで活躍し、Jリーグの発展に著しく貢献した選手を対象として開催する。

第73条〔救済試合および引退試合の開催手続等〕
(1) 救済試合および引退試合は、当該選手の現所属クラブまたは元所属クラブが、事前にJリーグに所定の申請書を提出し、実行委員会の承認を得なければ開催することができない。
(2) 救済試合および引退試合の開催地は、原則として当該試合の開催クラブのホームタウンとする。
(3) 救済試合および引退試合は、前2条に定める理由がある場合に、選手1名につき1回に限り開催することができる。



これを見る限り、全く問題ないですね。もし、問題があるとすれば、クラブから引退試合の打診をしたときに、暢久が照れて断るパターンw。まぁ、さすがにやるでしょうけど。

暢久の引退試合となると、どんな選手が参加するのか楽しみです。一時期日本代表にも選ばれていたわりには、浦和関係以外にサッカー関係の知り合いがいなさそうwなので、浦和関係の選手が多くなるのかな。

夏の中断期間あたりに開催?楽しみですね。

スポンサーサイト



テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

«  | ホーム |  »

プロフィール

mitsuk

Author:mitsuk
FC2ブログへようこそ!

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
ひとりごと (1260)
飛行機 (2)
マイレージ (10)
チケット (33)
遠征記 (44)
グルメ (9)
旅行記 (14)
遠征情報 (80)
(73)
カシマサッカースタジアム (5)
愛媛県総合運動公園陸上競技場 (6)
映画 (1)
熊谷スポーツ文化公園陸上競技場 (6)
広島ビッグアーチ (10)
市原臨海競技場 (3)
食べ物の話 (46)
新潟スタジアム(ビックスワン) (14)
神戸ウィングスタジアム (24)
瑞穂陸上競技場 (7)
西京極総合運動公園陸上競技場 (1)
静岡スタジアム エコパ (10)
大分ビッグアイ (11)
長居スタジアム (14)
東平尾公園博多の森球技場 (4)
等々力陸上競技場 (6)
日本平スタジアム (7)
味の素スタジアム (3)
ACL (45)
ACLイスファハン遠征 (13)
ACLシドニー遠征 (30)
ACLソウル遠征 (13)
ACLソロ遠征 (17)
ACL上海遠征 (16)
ACL全州遠征 (13)
ACLツアー情報 (1)
吹田スタジアム (2)
山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場 (1)
札幌ドーム (4)
CWCアブダビ遠征 (18)
サンプロアルウィン (1)
ACL北京遠征 (5)
ACLブリーラム遠征 (10)
ACL蔚山遠征 (3)
平塚競技場 (1)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ