FC2ブログ

2020-02

2-0は本当に『危険なスコア』か?

2-0は本当に『危険なスコア』か?

2-0は危険なスコアとよく言われますが、実際に検証されていました。

実際に、2-0 -> 2-1 となったときと、 1-0 の時であれば、2-1 の方が同点にされる可能性が高いそうです。

とはいえ、2-0になれば、約92%の確率で勝利できるはずなのですが、鳥栖戦は、まずか5%の引き分けに終わりました。92%の勝利をつかむことができないほど、浦和は良くない状態だと思います。
スポンサーサイト



テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

2021年のACLから日本勢の出場枠は「3+1」へ

2021年のACLから日本勢の出場枠は「3+1」へ 日本が東アジア2位に復帰

先日の蔚山戦での勝利が、思いのほか大きかったようで、おかげで2021年から3+1に戻る可能性が高いようです。

まだ、本決まりではないですが、今のルールが変わらなければ、2位になるようです。浦和だけではなく、広島、鹿島、それと、昨年の鹿島、一昨年の浦和も大きく貢献していると思いますが、なんにせよ、良いことだと思います。

それと、オーストラリアがタイに抜かれてしまっているのも注目ポイントです。オーストラリアよりは、タイに行きたいので、これも喜ばしいところです(笑)。

できれば、インドネシア、マレーシア、ベトナム、香港あたりも入ってきてほしいのですが、実力的に厳しいところもあるので、もうちょっと上がってくれると、ACLももっと盛り上がると思うので、頑張ってほしいところです。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

ルール改定

IFABがルール改訂を承認、ハンド基準に大きな変更
IFABがハンドの定義を明確化、今後は「故意」でなくとも反則に

夏以降、いくつかのルールが変わるようです。

・交代で退く選手は最も近い境界線からフィールドを離れなければならない。
・チーム関係者の不正行為にもイエローカード、レッドカードが提示される。
・ゴールキック、またはPA内での守備側FKでは、PA外にボールを出す必要はない。
・守備側が作るFKの壁を攻撃側が妨害した時の基準。
・主審にボールが当たった時はドロップボールで再開する。
・PKの際、GKはゴールラインに片足だけを置いておけばよい。


見ていて、あまり影響が無さそうなものが多いですが、今まで、たまに見かけた主審にボールが当たってピンチになる場面は、今後、無くなりそうです。

昔、アウェイの名古屋戦で主審にボールが当たってピンチになり、失点したことありましたよね。

FKの時、攻撃側の選手が壁から離れなくてはならなくなるのは、見ていて影響ありそうです。今まで、攻撃側と守備側でやりあって、プレーを止める場面が度々ありましたが、今後は無くなりそうです。アクチュアルプレーイングタイムが増えることにつながると思うので、良いことだと思います。

ハンドに関しては、故意でなくてもハンドになるようです。これは、以前にもブログで書きましたけど、個人的には故意かどうかの判断は難しいので、全部ハンドでいいのではと思っています。実際に見たら、感が方が変わるかもしれませんけど。

ただ、リンクの記事を見る限り、攻撃時の事しか書いていなくて、守備側の選手の手にボールが当たった時のことが書かれていないので、もしかすると、守備側の選手のハンドは今まで通りかもしれません。

攻撃側の選手が手に当たってゴールというのは、あまり見ない(アジアカップでありましたけど。)ので影響は小さそうです。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

ミシャ監督解任

今シーズン始まった時、まさかこの様な形でミシャ監督が浦和を去る事になるとは思いませんでした。

今シーズンはリーグかACLを取れなければ来年はないと思っていましたが、シーズン中にこれほどチーム状況が悪くなるなんて想像できませんでした。

シーズン序盤は浦和らしい戦い方が出来ていたと思いますし、だからこそ勝ち点も獲得できていたと思います。逆にそれがなければ、確実に残留争いにまきこまれていたでしょうから、それを考えるとゾッとします。

2011年の状況から毎年優勝争いに加われるまでにしてくれた事には感謝しますし、私はミシャのサッカー自体は面白いと思っていました。

ただ、優勝争いに加わっても、最後のところでタイトルに届かないのは、ミシャ監督の限界を感じていましたし、毎年タイトルに届いていないにも関わらず外国人枠を余らしていたり、夏の補強を行わないのは、理解できませんでした。

今、浦和の状況がここまで悪くなってしまった原因は、私にはわかりませんが、ここまで我慢してもトンネルの出口が見つからない以上、解任は当然の結果だと思います。コメントなどを見ても、ミシャ監督自身理解している状況でしょう。

今までは調子を落としていてもスタメンで使われてきた選手も、ミシャがいなくなったことで、安泰では無くなるでしょうし、今いる選手を脅かす補強をドンドンしていって欲しいと思います。

次の監督が堀監督になるにしても、出来ればシーズン終了時に交代したかったと思いますが、いつも難しい状況で監督を引き受けてくれる堀監督には、是非、頑張って欲しいと思います。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

浦和サポ、鳥栖戦でボランティアを暴行

浦和サポ、鳥栖戦でボランティアを暴行…今季全試合入場禁止処分

サガン鳥栖戦における違反行為に対する処分について

ボランティアに暴力を振るうなんて、ほんとダメ。

入場口のチケット確認のボランティアに、酔って暴力を振るったということですが、試合前から飲みすぎているということなんでしょうか?翌朝まで警察に保護されていたみたいなんですが、普段からそれほど飲まない方なので、なんでそんなに飲むかなぁ、といった感じです。



テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

Jリーグラボ#15

Jリーグラボに山田暢久が出演ということで、なでしこの決勝の裏で録画して視聴。

暢久が出てくる前に、カブトムシゆかりが出てきてびっくりしたわけですが、なんで、突然、カブトムシゆかりがアシスタントなの?w

まぁ、それはいいとして、あいかわらず暢久らしさを存分に発揮していて、今まで来たゲストは、Jリーグチェアマンでさえも番組収録が終了するまで残っていたらしいのだけど、暢久は自分の出番が終わったらさっさと帰ってしまったらしい。先輩の名波がおこってましたw。

見逃した人がいれば、スカパーオンデマンドでも見れますよ。

で、この番組でちょっと気になったところが、暢久とは関係ない部分で、今年14節までのシュート数のベスト10の選手が話題になっていたんだけど、原口が3位に入ってました。シュート数が多いのはいいことだと思うけど、枠内率を見ると、フォルランとマルキーニョスが突出していて、決定率を見ると、ペトロジュニオール、大久保、マルキーニョスが突出しているんですね。

原口がレベルを上げて、相手にとってもっと怖い選手になるには、枠内率、決定率ともに上げる必要があるでしょうね。特に、海外で活躍するには、必要になるんじゃないかな。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

一本目は2-0で勝利

後半頭から、加藤に替えて山岸。20分位に平川に替えて関口。

後半の得点は、阪野。

後半は、押されぱなしで、いつとられてもおかしくない状況でなんとか0点におさえた感じ。

選手入場の際のフェアプレー旗がむなしくなる話



長谷部のブログでも紹介されていたので知っている人も多いと思いますが、遅ればせながら先日読み終わりました。

この事件自体は当然知っていましたけど、浦和の選手じゃないしそれほど興味もなく、事の詳細は知りませんでした。しかし、読み始めてみると、ちょっとJリーグを見るのが嫌になる位でした。

最後まで読み終えると、この事件を起こしたのはサッカー界の人間だけど、救ったのもサッカー界の人間というのが、まさにその通りだなと。

今更ながら、サッカー界の上にいる連中は「クソ」ですね。元々そうなのか、権力を持ってしまった故なのかわかりませんが。

この事件や、事の真相を知らない方のために、この本を読んでいくつかググったのをあげておくと・・・

http://supportista.jp/2012/03/news23052752.html

http://footballweekly.jp/archives/1784509.html

http://footballweekly.jp/archives/1788048.html

http://supportista.jp/2012/02/news07050052.html

この人が青木治人らしい。

理事の中にも正しい人がいたのがちょっとだけ救い。

しかし、なんで、川崎の社長はドクターと選手を守ってやらなかったのか疑問。浦和の社長は大丈夫か?

とにかく、Jリーグしかり、JFAしかり、権力を持ったクソみたいな連中は、フェアプレー精神なんてこれっぽっちも無い事だけは確かだな。

5割

久しぶりに家に帰ってからJリーグアフターゲームショーを見る気の起きるゲームだったので、夜ごはんを食べながら見ていたわけですが、どうやら、今日のゲームでエジが200試合100ゴールとのこと。

2試合で1点と聞いて、思ったよりも取ってるな、と感じたのですが、解説の野々宮さんが「エジは5割ですが過去のJリーグ一位は、ワシントンで7割5分、二位がエメルソンで7割ちょっと。」と言っていて、あーなるほどと、妙に納得しちゃいました。

どうもエジに対してFWとしての物足りなさを感じるのは、そりゃ浦和のサポは、ワシ、エメとJリーグ1位2位のFWを見てきて目が肥えているからなのかと。

まぁ、それがすべてではないと思いますが、多少はあるんじゃないかな。少なくとも、自分はあるなぁ(^^;。

どうも今のスタイルには、スーパースターはいらないとなっていますが、とんでもなくすごい選手というのは、それはそれで面白いし、そういう選手がいまのスタイルに融合してこそ理想のチームになるような気がするんですけどねぇ。

まぁ、なんにしても勝つっていいね。


野球のことを言っているんだけど、サッカーにも当てはまる部分があって、ちょっと面白いのを見つけたので貼っておきます。
----------------------
シカゴ・エコノミック紙のロバート・ブラッグス編集長のファン評

1:ファンとは、掌を返すことに関してはメジャー級である。
2:ファンとは、自分たちの誰より経験豊富なプロの監督よりも、自分のほうが采配が上手いと思っている。
3:ファンとは、選手獲得にはお金がいらないと思っている。
4:ファンとは、トレードは相手があってこそ成立するものという常識を持ち合わせていない。
5:ファンとは、球団は自分たちの意に沿うように動かなければダメ球団だと思っている。
6:ファンとは、起用されない若手は起用されているベテランより能力が高いと思っている。
7:ファンとは、起用されないベテランは起用されている若手より能力が高いと思っている。
8:ファンとは、応援が免罪符だと思っている。
9:ファンとは、負けが込んでいる時、往々にして理想論が現実と摩り替わる。
10:ファンとは、客観と主観の区別がつかない。

----------------------
妙にうなづける部分もあるなぁとw

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

«  | ホーム |  »

プロフィール

mitsuk

Author:mitsuk
FC2ブログへようこそ!

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
ひとりごと (1258)
飛行機 (2)
マイレージ (10)
チケット (33)
遠征記 (44)
グルメ (9)
旅行記 (14)
遠征情報 (80)
(73)
カシマサッカースタジアム (5)
愛媛県総合運動公園陸上競技場 (6)
映画 (1)
熊谷スポーツ文化公園陸上競技場 (6)
広島ビッグアーチ (10)
市原臨海競技場 (3)
食べ物の話 (46)
新潟スタジアム(ビックスワン) (14)
神戸ウィングスタジアム (24)
瑞穂陸上競技場 (7)
西京極総合運動公園陸上競技場 (1)
静岡スタジアム エコパ (10)
大分ビッグアイ (11)
長居スタジアム (14)
東平尾公園博多の森球技場 (4)
等々力陸上競技場 (6)
日本平スタジアム (7)
味の素スタジアム (3)
ACL (45)
ACLイスファハン遠征 (13)
ACLシドニー遠征 (30)
ACLソウル遠征 (13)
ACLソロ遠征 (17)
ACL上海遠征 (16)
ACL全州遠征 (13)
ACLツアー情報 (1)
吹田スタジアム (2)
山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場 (1)
札幌ドーム (4)
CWCアブダビ遠征 (18)
サンプロアルウィン (1)
ACL北京遠征 (5)
ACLブリーラム遠征 (10)
ACL蔚山遠征 (3)
平塚競技場 (1)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ